相続登記・遺言は神戸市須磨区の司法書士へ
HOME>遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

分割協議書作成の必要性

遺産分割協議書の作成・イメージ

遺産分割協議を終えたら、相続人全員の合意が得られたことを証明するためのものとして、その内容を文書にまとめておく必要があります。
これを「遺産分割協議書」といいます。


遺産分割協議書は、後日心変わりや、相続人同士がもめることを防ぐほか、不動産の相続登記や預金の名義変更、相続税の申告などで必要になります。。

協議がうまくまとまれば遺産分割協議書を作成します。
分割協議書は法的に必要というわけではありませんが、不動産の登記申請などで必要になってくる書類になります。預貯金や自動車等の各種名義変更の際には、証明書としての重要な役割があります。
(銀行窓口などで分割協議書はありますか?と必ず質問されます)
当然ですが、相続人かどうかもわからない人に名義変更はしてくれません。

そして、後の紛争を予防するために、つまり相続人の誰かが「本当はこんな分割協議には同意していない」と分割協議のやり直しを求めてきた場合の対抗手段として、財産の有無にかかわらず協議後すぐに作成しておくべき書類です。