相続登記・遺言は神戸市灘区の司法書士へ
HOME>遺言書作成の相談

遺言書作成の相談

遺言書作成の相談に関して・・・

遺言書の必要性

遺言書作成の相談に関して・イメージ

資産(財産)の分配について何も言わずに亡くなると、残された相続人が集まり話し合いによって分配方法を決めることになります。
(遺産分割協議)話し合いで資産(財産)分配を巡っての争いやもめごとを起こして、兄弟仲が悪くなるというケースも少なくありません。

また、資産(財産)が金融資産だけであれば、資産(財産)の分割も簡単で分配しやすいですが、不動産や株といった財産の場合、誰がどれを相続するのかなど、争いが起こり上手くまとまらないケースが多くなります。

しかし、被相続人が残した遺言書があれば、相続人はそれに従うことになります。
このように争いを未然に防ぐためにも、遺言書を作成しておく必要があります。

親から子供へ、兄弟の仲や将来の不安要素を作らない為にも、遺言書作成はしておきましょう。

遺言書の種類

自筆証書遺言
一定の書式にのっとり自分で全て記入する、もっとも手軽な遺言の基本形ですが、保管の面や本当に本人のものかという効力の面でもめる恐れがあります。
うまく書けないなどの事情で他人の手を借りて記載してしまうと、他人の意思が介在する恐れがあるとみられてしまい、遺言自体が無効になる可能性があります。
公正証書遺言
公正証書遺言は、公証役場にて公証人の面前で、証人立会いのもとに遺言の内容を口述したものを筆記してもらう形をとるので、もっとも効果が確実で、改ざんや紛失の心配も無用です。
公証人への手数料など、費用の面では負担になりますが、後日の紛争を防ぐには最も安全で確実な方法です。
秘密証書遺言
基本的には自筆証書遺言と同じになりますが、書いたものに封をして公証役場へ持参して、その存在を証明してもらうというものです。
中身を知られたくない、書いた後の保管が心配だ、という方におすすめの方法です。
秘密証書遺言は必ずしも自筆によることを要しませんので、ワープロで作成することも可能です。
ただし署名は自筆しなければなりません。署名・押印した遺言書を封書にして公証人に提出します。